MBA経営戦略講座

経営戦略は企業の「背骨」です。合理的で身の丈に合った経営戦略がなくては、強い企業になることはできません。本講座では経営戦略の本質とは何かを、事例研究(ケーススタディ)を通して実践的に学んでいきます。 企業は「際立つ」存在でなくてはなりません。何において自分たちは「際立つ」存在になるのかを明らかにするのが、経営戦略の目的です。別の言い方をすると、厳しい競争環境の中で、「独自のポジショニング」を見つけることが経営戦略の意義なのです。 本講座では、経営戦略の代替案を「リーダーの戦略」「チャレンジャーの戦略」「ニッチャーの戦略」の3つに分類し、それぞれにおける効果的な戦略とは何かについて学びます。グループ討議や発表などを通じた、参加型の授業を行います。戦略の本質を正しく理解することは、すべてのビジネスマンの必須アイテムです。

講師の紹介

遠藤功講師:遠藤功

株式会社ローランド・ベルガー会長

早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。
三菱電機株式会社、米系戦略コンサルティング会社を経て、現職。

欧州系最大の戦略コンサルティング・ファームであるローランド・ベルガーの日本法人会長として、経営コンサルティングに従事。戦略策定のみならず実行支援を伴った「結果の出る」コンサルティングとして高い評価を得ている。
株式会社良品計画社外取締役。ヤマハ発動機株式会社社外監査役。損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社社外取締役。日新製鋼株式会社社外取締役。
主な著書に「現場力を鍛える」、「見える化」、「ねばちっこい経営」 、「プレミアム戦略」 、「現場力復権」、「現場論」(いずれも東洋経済新報社)、「『日本品質』で世界を制す!」、「伸び続ける会社の『ノリ』の法則」、「『IT断食』のすすめ」、「現場女子」(いずれも日本経済新聞出版社)、「日本企業にいま大切なこと」、「LFP」、「五能線物語」(いずれもPHP研究所)、「未来のスケッチ」、「新幹線お掃除の天使たち」(いずれもあさ出版)、「課長力」(朝日新聞出版)、「経営戦略の教科書」、「現場力の教科書」(いずれも光文社)、「図解 最強の現場力」(青春出版社)、「行動格差の時代」(幻冬舎)、「言える化」(潮出版社)、「賢者のリーダーシップ」(日経BP社)などがある。
「現場力を鍛える」はビジネス書評誌「TOPPOINT」の「2004年読者が選ぶベストブック」の第1位に選ばれた。「見える化」は2006年(第6回)日経BP・BizTech図書賞を受賞。

遠藤功ホームページ: http://www.isaoendo.com/
現場千本ノック-現場力を追い求めて-: http://gemba-sembonknock.com/

カリキュラム

第1回
戦略とは何か:ダイキン
第2回
リーダーの戦略:トヨタ自動車
第3回
チャレンジャーの戦略:アスクル
第4回
ニッチャーの戦略:サントリー
第5回
戦略と実行:カゴメ
第6回
まとめ

※内容、取り上げるケースは変更することがあります。

講座概要

回数
全6回
時間
19:00-21:00(各120分)
定員
15名
受講料
¥150,000(教材費・税込)*

*『Think!』1年間購読付き。既に予約購読をされている場合は、継続購読として期間を追加。

お申し込み方法

講座終了のため、現在お申し込みできません。
次回開講をお待ち下さい。

お問い合わせ・ご相談窓口

TEL:03-6455-1723
ウェブサイトからのお問い合わせはコチラから

PAGE TOPへ